経営理念

我が社は、お客様、社員、地域社会、それらに関わる全ての人に感謝をし、共に発展していくために、会社一丸となり社業に尽くす。

 

経営方針

1.製品に誇りを持ち、品質管理を徹底し、安全、安定供給に努め、顧客のニーズに応える。

2.相互扶助の精神を持ち、広く業務に携わる。

3.常にお客様目線を持ち、臨機応変な対応を心がける。

4.顧客要求事項、法令、規制要求事項に適合した製品を提供する。

 

保有車両

タイヤショベル     5台

油圧ショベル      3台

4tユニック      1台

4tアジテーター     2台

  •  

会社概要

社名
嶋コンクリート工業株式会社
代表者
加藤貴裕
本社所在地
〒082-0042
北海道河西郡芽室町芽室北1線18番地
TEL. 0155-62-3970
FAX. 0155-62-1302
資本金
1000万円
設立
昭和48年
従業員数
10名(30年3月現在)
役員
取締役社長 加藤貴裕
取締役専務 大甕英明
取締役常務 橋詰義宏
 

会社沿革

昭和30年 4月
砂利採取販売業で創業
昭和37年 4月
一般建設業・砂利採取販売業 有限会社高嶋組設立
昭和43年 4月
コンクリート製品の製造販売を開始
昭和46年 4月
砕石骨材の製造販売を開始
昭和48年11月 
㈲高嶋組よりコンクリート部門を分離し、芽室生コンクリート株式会社を設立
昭和49年 4月
レディーミクストコンクリートの製造販売を開始
昭和50年 5月
レディーミクストコンクリートのJIS表示許可工場認可
昭和54年 6月
コンクリート製品に遠心力鉄筋コンクリート管を追加
昭和55年 4月
髙嶋コンクリート工業株式会社に社名変更
昭和55年 7月
遠心力鉄筋コンクリート管のJIS表示許可工場認可
昭和58年11月
髙嶋コンクリート工業㈱と㈲高嶋組を合併。
営業品目を 生コンクリート、砂利、砕石、コンクリート製品の製造販売とする
平成 3年 4月
生コンプラントに二軸ミキサー1.5m3を導入
平成 6年 4月 
砕石プラントを400t/hプラントに改造粒調骨材の生産を開始
平成13年 3月
生コンプラントを新型2.0m3プラントにSB
平成25年10月
太陽光売電事業を開始
平成26年11月
試験室を新設し、温水養生を導入
平成27年 8月
操作盤を入れ替え、品質向上を図る
平成29年 4月
廃水処理施設『硬まるくん』導入
平成29年 8月
太陽光パネル 増設
平成30年 1月
太陽光パネル 増設